男性

生活習慣で変える

AGAは根気よくポジティブに治療しましょう

男性

男性を悩ます薄毛・・最近ではAGAという言葉で馴染んできました。AGAとは、男性型脱毛症といい、主な原因は男性ホルモン、遺伝、ストレス、生活習慣です。 一般的には思春期以降の男性に発症し、額の生え際や頭頂部が薄くなる進行型の脱毛です。 治療にはクリニックなどで経口薬と外用薬、栄養サプリを併用し行います。気をつけることは、いくら専門治療といっても、効果が出るのは個人差があり3〜6ヶ月はかかるということです。AGAで悩む身としては、一刻も早く効果を期待したいところですが、髪が生えるにも周期があるので焦らないことです。費用に関しては、保険適用外になるのでクリニックの診察料などもよく確認したほうがいいでしょう。 このように時間もお金もかかりやすいですが、プロのカウンセリングもありますのでAGA治療にはクリニックもお勧めです。

AGAの早期発見と対策

AGAを早期に気づくにはまず観察です。髪の毛は一般的に一日に100本程度抜け落ちると言われていますが、これは役目を終えた毛髪が抜け落ちる生理的なものです。髪の毛にはヘアサイクルというものがあり2〜6年の歳月をかけて成長していくのですが、何らかの原因でそれが短縮されると髪の毛が成長する前に抜け落ちるということになります。つまり短い、細い毛が抜け落ちるようになれば要注意で、これを放置すると硬くて太い毛がなくなり、結果的に頭皮が露出するという状態になります。これはAGAの始まりです。 AGAの原因はたくさんあり、これも人によって異なるのですが、そうならないために日頃から気をつけることをいくつか挙げてみます。喫煙はAGAにとっては悪い因子です。喫煙すると全身の血管が収縮し、血流が悪くなり結果として毛根に栄養が届きにくくなります。 睡眠も大切で、夜の10時から深夜2時までが成長ホルモンが分泌する時間と言われており、この間に髪も修復され成長するのです。 食生活においても、表面的なことをいうと、肉など脂肪の多い食事を続けることにより皮脂が過剰分泌するようになり育毛を阻害するという面があります。