男性

効果的な薬剤

プロペシアの効果とその副作用について

男性

現在、多くの日本人がAGA(男性型脱毛症)に悩まされています。このAGAの治療法の一つとして、薬による治療法があり、プロペシアはそのひとつです。 プロペシアの主成分はフィナステリドという化学物質で、AGAに効果を発揮する反面、副作用を引き起こすため、病院で医師による診断の後に処方されなければ、国内の薬局では購入することはできません。 プロペシアの主成分であるフィナステリドは、もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されており、のちにAGAの発症の原因となるジヒドロテストステロンの生成が抑制されることがわかり、使用されています。そのため、性欲減退や勃起不全、精子の減少など性機能に関する副作用を引き起こします。 この副作用は、子供を作りたい家庭にとって非常に大きな問題となり得ます。そのため、プロペシアの有効性ばかりに注目するのではなく、副作用があることも考えた上で使用することが大切です。

プロペシアの副作用は何

プロペシアと言えば、毛生え薬として某製薬会社が開発した医薬品で、国内では平成20年に入ってから発売されました。医師の診断が必要で、日常生活や併用薬やアレルギーを中心に質問されます。 プロペシアが発売されるようになってから薄毛に悩んでいる方には朗報です。発売されて数年経過していますので、長い目で見ていけば統計的なものはまだはっきり言えませんが、抜け毛が減ったとか、ふさふさ感を保つことができたといった報告が多数あります。 プロペシアは医薬品ですので副作用はつきものです。副作用としては下痢や腹痛や全身の痒みといった医薬品でよく発症するものです。効果や副作用は個人差がありますので、プロペシアを服用してみいたいと思われる方は、服用前に医師や薬剤師とよく相談されてみてください。 副作用を恐れることはまったくないので、薄毛が心配あるいは不安な方は服用してみる価値はあります。